格安飛行機と一般の飛行機の違い

既存の航空会社ではない新しい航空会社の参入が増えてきています。Lccとか格安飛行機と呼ばれていますが、一般の飛行機とはどのような違いがあるのでしょうか?
格安飛行機の最大の特徴は、航空運賃を安くするために徹底したコスト削減があります。販売手数料を省くために旅行会社を通さず、自社のホームページからしか予約・購入が出来なかったりします。
人件費の削減も徹底していて空港カウンターのグランドスタッフなども正社員ではなくパートタイム社員だったり、一般に高給取りのイメージがあるパイロットやキャビンアテンダントの給料も航空業界内では抑えられているといわれています。
機内サービスも簡略化されていて、飲食サービスなどは有料になっています。
使用する飛行機も機種や保有台数も少ないため、パイロットや整備士の教育コストも少なくて済みます。飛行機内のシートピッチが一般の飛行機と比べて狭いのも特徴です。
格安飛行機のセールスポイントはとにかく運賃が安いということであり、そのために一般の航空会社の飛行機やシステムと比べて様々な差異があるものです。これまで高価であった飛行機を使った旅行を、誰でもが低料金で楽しめるように特化したのが飛行機なのです。